城本クリニック

城本クリニックで2つのレーザー機器を使い分ける理由

城本クリニックでは2つのレーザー機器を使用しています。

 

患者さんのムダ毛や肌質など状態に合わせて使い分けるためです。

 

1つはダイオードレーザーのライトシェア。

 

ライトシェアは、日本の厚生省にあたるアメリカのFDAの承認を世界で初めて受けた脱毛器です。

 

皮膚冷却ステムを内臓しているのはこのライトシェアだけです。

 

毛の太さ、肌色に合わせて細かなパルス出力調整が可能なので、男性の剛毛から女性の産毛まで脱毛することができるマルチなレーザーです。

 

もう1つはロングパルスアレキサンドライトレーザー、アメリカ・キャンデラ社製のジェントルレーズです。

 

ジェントルレーズも、もちろんFDAの認可を受けている医療用脱毛器です。

 

照射口が大きく、光エネルギーのロスが少ないので、毛穴の深部までレーザーを当てることができます。

 

レーザー照射直前に皮膚表面を冷却する冷却システムを装備していて、美肌効果、毛穴の引き締めに高い効果が認められるレーザーですよ。